アミノ酸はタンパク質を構成する最小単位。
生命の根源ともいえる非常に重要な栄養素です。

自然界には500種類以上のアミノ酸が存在します。
その中で人の身体を作るタンパク質を構成するアミノ酸は20種類あります。わずか、20種類のアミノ酸の組合せで人の身体は作られ、健康や疾病に大きく関わっています。
アミノ酸の有用性はスポーツ分野だけではなく、医薬品、食品、化粧品まで幅広く利用されています。

人の身体を作る20種類のアミノ酸

20種類のアミノ酸は9種類の「必須アミノ酸」と11種類の「非必須アミノ酸」に分けることができます。
「必須アミノ酸」は体内で合成することが出来ないので食品から摂取する方法しかありません。
「非必須アミノ酸」は体内で合成することができますが、不足分はサプリメントなどで補う必要があります。

 必須アミノ酸
 ①バリン
 ②ロイシン
 ③イソロイシン
  BCAA(分岐鎖アミノ酸)
 ④スレオニン
 ⑤トリプトファン
 ⑥ヒスチジン
 ⑦フェニルアラニン
 ⑧メチオニン
 ⑨リジン

 非必須アミノ酸
 ⑩アラニン
 ⑪アルギニン
 ⑫グルタミン
 ⑬グルタミン酸
 ⑭アスパラギン酸
 ⑮アスパラギン
 ⑯プロリン
 ⑰シスチン(システイン)
 ⑱チロシン
 ⑲グリシン
 ⑳セリン